プーチンつれづれ日記館

* プーチンつれづれ日記 2003年12月 *
2002年 | 11月 | 12月 |
2003年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
2004年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2005年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 |
オリタ ナオエ
12月29日 今年最後のお風呂に

熟睡モードのときプーチンは最近、押入れの<巣>にこもってしまう。
<巣>は覗き込むのが精一杯の狭さなので、最近はツメを切れないでいる。(注:熟睡してないと切らせてくれない)

今年のアカを落とす前にツメを切っておきたいのだが・・・。
万が一、お風呂内で攻撃されてもツメさえ切っておけばなんとかなるし。

「仕方ない、強行突破だ。」とお風呂に連行。たまに思い出したようにジタバタするが、本当は気持ちがいいに違いない。間違いない。
風邪を引かないようにドライヤーで乾かし、完了。

今年は脚の手術大変だったね、プーチン。
来年はエリザベスを付けないで済むといいね。

12月27日 年の瀬

暮れも押し迫ったある日、夫テツヤが帯状疱疹になり要介護な状態に。
右腕裏から脇にかけて、水泡がブツブツブツ・・。
卵が産まれそうなエグさだった。(かなり痛いらしい)

腕は下げられないのにプーチンを抱っこし、イヤイヤをしたプーチンが患部を蹴って逃げ去り、テツヤがうずくまる場面も。
帯状疱疹の原因は疲労とストレス。
「プーチンは俺には抱っこさせへんのや」と寂しそうにつぶやいていた昨今まさか、それで思い病んで????それがストレスに??

おかげで私は忙しい。
写真講座も、もう3ヶ月延長しフィルムカメラとデジカメを使い分けながらネコを撮ってみることにしたのだが、写真を撮りに出かける時間がない。

フケが出てきたのでプーチンをお風呂に入れなければならない。
大掃除もしなければならない。買出しにもいかねばならない。
なんだかやっぱり忙しい。

12月26日 押し入れ

ネコベッドでは全然寝てくれないので片付けようと押入れにしまったら、こともあろうにそこに居ついてしまった。
せっかく洗濯したのに・・。

狭くて暗くて静かで、ほんのり暖かくて、押入れは絶好の安眠スペースなのかもしれない。
夜、私のベッドの上に来なくなったし(呼んでも無視される)プーチンのずっしり感に慣れていたから寂しい気もするが・・。

そうそう、呼ばなくても押入れからすっ飛んで出てくることがひとつある。
お皿がカチャカチャする音、だ。

プーチンのお皿は陶器なので、条件反射でご飯だと思うらしい。
走って降りてきたプーチンの顔を見ると、目が半開きの時もある。
そういう顔のプーチンはちょっと怖い。

12月24日 抗生剤で下痢、嘔吐

下痢が止まらないので、下痢止めも薬を追加された。

黄色い粉のそれは、ご飯に混ぜて与えるのだが他の薬と違いプーチンは気づかない(笑)。

そして食事と薬の後、5分後くらいに嘔吐。
苦しそうに丸まっているプーチンを暖かくしてあげる。
その後カリカリを欲しがったので、一安心。

翌朝、また嘔吐。
先生に電話して状況説明&指示を仰ぐ。
抗生剤を代えるので、取りに来てくださいとのこと。
それからは、うんちもまとまり食欲も旺盛。カラーも取れてすっかり元気に。

やはり自己判断でなく病院に聞いてよかった。
少々の出費はあったが、セコいことは言わずにおこう(笑)。

人間同様、早期発見早期治療が大事だ。
特に室内飼いでは、ちょっとした変化も見過ごさずにいられるメリットがある。
物言えぬネコだからこそ、人間がケアできることは出来る限りしてあげたいものだ。

12月20日 プーチンまたキズ 病院へ

今度は左内股にナメすぎキズが出来ていた。出血もしている。
せっかくエリザベスも取れたと思ったらすぐこれだ。

何度も繰り返すので病院へ連れて行った。ストレスだろうか、という不安を抱え・・。
「プーチンはきっちりした性格だから、気になってしょうがなくてナメ倒すんでしょうね。ストレス性のものだと大体オナカのあたりがハゲるんですけどね。」

原因はアレルギーによるものなのか、ストレスなのか特定するのは難しいそうだ。
消毒・投薬(抗生剤&ステロイド)・エリザベスで完治を目指す。

投薬は、プーチンが学習してどんどん手ごわくなってきたからかなり不安。もうご飯には混ぜられないし、〔マタタビふりかけ〕も効果なし。
もう力ずくで口に放り込むしか手はないのだ。

そして毛が生えるまで、またしばらくエリザベス生活だ。はぁ〜、不憫な。
グルーミングに一生懸命なのはいいけど(おかげでいつもツヤツヤだけど)熱心すぎるのもねぇ〜。

12月16日 プーチン専用暖房器具購入 〜その2〜

この日のプーチンは、風呂蓋うえ→ファンヒーター前(熱風直撃)→風呂蓋うえ→ファンヒーター前(消えているのに)の順序で移動していた。
さすがに飽きてきたのか、夕飯を済ませたら買ってきたばかりの“座布団型あんか”のある寝室に。

そっと覗いてみると、おとなしく「ちょこん」と収まっていた。あんかの存在を認めてくれたのだ。というより、暖かいことにやっと気づいた・・ということだろうか。

ふっふっふ。
私の気持ちは満たされたのだった。あ〜良かった。

一日8時間使って電気代2.2円と書いてあったがほんとかいな!?だとしたらカイロ(1日二個消費)よりお得ということに。
いやぁ、いい買い物をした。
12月15日 プーチン専用暖房器具購入 〜その1〜

ホームセンターで見つけた“座布団型あんか”。
クッションの効いたカバーが付いて(カバーも洗える)、本体から着脱できるのはとても便利だ。温度も強弱調整できるし。
あとはプーチン様がその上に素直に座ってくれるのを待つだけだ。

早速 いつもの寝場所である<私の布団の上>にセッテイング。
ジワジワと暖かくなってきたので、相変わらず風呂蓋にくっついているプーチンをはがして(笑)乗せてみる。

せっかくいい気持ちで寝ていたところを起こされたのがお気に召さなかったようで、「ケッ」と不機嫌に一、二歩上を歩いただけで去っていった。

なんの興味もないというのか〜!その肉球はなにも感じていないのか〜!(怒)
あったかいのに。あったかいのに。。。(落胆)

・・・今日は日中気温が例年より高めだったからだ。そうだそうに違いない。
夜から本格的に寒くなるらしい。勝負は夜だ。


12月13日 おもちゃで遊ぶ

今日のお気に入りは...。
12月12日 心配な左脚だけど...

エリザベスを装着するとおとなしくなるから運動量も減ってしまう・・・

まだまだ心配な左脚だ。
12月11日 防寒対策

プーチンは自分のベッドで全く寝なくなった。
夜は決まってオーナーのわたしの布団の上だ。
足元がずっしり重いのだが、そこはガマン。

最近は冷え込みがきつくなってきたので、掛け布団の上にバスタオルとプーチン用の毛布を敷き、その毛布の下に使い捨てカイロを忍ばせている。

これで朝までプーチンは暖かいはずなのだがカイロの上からは一歩も動かず、手脚を隠し、置物状態だ。
脚を投げ出したりはしないのだ。縮こまってないと寒いからだろう。(笑)

人間用のアンカを試したが、堅いのが気に入らないのか(暖かいことは認識している様子)プイッといってしまった・・。そうかい、イヤなのかい。
カイロを2つに増やしても変わらない反応。そうかい、まだ寒いのかい。

おなか辺りは暖かくても、肩や背中が寒いらしい。
そこでまた毛布の登場。
今度は分厚い掛け毛布をパサッとプーチンに。
従って、毛布(厚め)→プーチン→毛布(薄め)→カイロ→プーチン用バスタオル→人間用掛け布団のサンドイッチになった。

こんなことでこれからの寒さをしのげるのだろうか・・。
掛けるものが増えて どんどん重くなっていくのではないだろうか・・。
ペット用暖房器具について考えることにした。
12月9日 鈴探し

小ぶりで清らかな音のする鈴が見つからずついそのままにしておいたら無残な結果になってしまった。
噛み砕かれてしまったのだ。

ピンクだったのに半分シルバーになっている。
そうかい、そんなに気に入らないのかい、プーチンよ。

今回の反省として、鈴が後付けだったため首輪から垂れ下がるのがうっとうしかったと思われる。

カラダにフットしていたほうが動くときに気にならないし噛む余地もないのだろう。
鈴探しは果てしなく続く。


12月7日 写真展

地下鉄の駅構内の通路で、先月わたしの写真展があった。

見た瞬間、愕然とした。だってお渡しした3枚、全部飾られると思わなかったし。(涙)
先生がどれか1枚選ぶのかと・・。
だからマットフレームの色やストーリーなどなにも考えないで提出してしまった。

こんなことなら、フレームの色を同じにしたりして プーチンばかり3枚にすればよかった・・。
3枚のうちプーチンのは1枚だけだったのだ。

プーチンごめんよごめんよ。気分が乗らないときもモデル協力してくれたのに、それなのに私はぁぁぁ〜。後悔の嵐が襲った。

先生の写真も私の下すぐに展示されていた。
さすが先生。でも私のヘタさが余計に目立つから近くは嫌だわ。

そうそう、先生の3枚の作品、飼い猫のハッちゃんが真ん中で表情の豊かさがひときわ際立っている。
サイドのネコは引き立て役で完全にハッちゃん中心の構成だ。

それを見てまたしても私にやってくる後悔の嵐・・。「プーチンごめんよごめんよ」
だが密かに対抗意識を燃やしたのも事実。
先生もわたくしも親バカぶり炸裂〜だ。(笑)

12月5日 左腕の付け根にキズ

全く、見かけによらず『気にしい』なアビシニアンだ。
腕の付け根のキズがやっと治ったと思ったら今度は反対側の腕も。
何がそんなに気になるのか?

エリザベスカラーを再び出したら、プーチンは一目散に逃げていった。
消毒はしなければ・・と消毒液を出したら、また逃げていった。
こうなると捕まえるのが面倒だ。

部屋を封鎖し、食べ物で釣る。
といっても最近おやつは止めたので、サイエンスダイエットの新製品で。
これであえなく確保。相変わらず単純すぎるアビシニアン。

消毒液はしみるのか、その瞬間腕をしゅっと引っ込める。
痛いのもガマンだよプーチン。

エリザベスでは日常生活に支障が多いためサポーターのようなものがあるといいのだが、ペットショップで売っているものは洋服で(それもイヌ用)半袖やノースリーブばかり。しかも高い、高い、高すぎる。
レッグウォーマーのような、肩でつながっているアームウォーマーみたいなのはないだろうか。ネコ用で。

それに 寒いとまた舐めるから、暖かくしてあげねばならない。(毛がないと患部がかなり寒く感じるらしい)
今は使い捨てカイロを一つ敷いているが、まだ寒そうなので100円ショップでひざ掛けを購入してきた。ひとまず様子を見ることにした。
12月3日 今月も公園で猫を撮る

いつもの公園ネコたちは、わりと気のいいメンバーが多く、デジカメを向けても嫌がらない。
むしろしっぽを立て、愛想良く接してくれるのだ。
とにかくたくさん撮らなければ・・とシャッターを押しまくるとあっという間に電池がなくなり、メモリー残量不足表示が。
持っていった64MDのメディア4枚を使い果たし、満足感に浸りながらPCで画像を確認。

「え〜!こんなんだったっけ?」という画像の数々。
ブレていたり 遠すぎたり 暗すぎたり ろくなものがなくガッカリ〜。
おまけにう○ちを踏んでしまい、靴底を洗う手にも力なく〜。
写真って厳しいっすなぁ。(泣)


 
12月2日 床暖房

夜は肌寒く感じられるようになってきたので、床暖房をした。

暖まるまでに若干時間がかかるが、座っているとじんわりとぽかぽかしてきた。

プーチンは、床を見つめ不思議そうだ。肉球から熱が伝わってきているのだろうか。
しばらくの間首をかしげ考え込んでいた様子だったのだが、それにも飽きたのか座り込んだ。

そして何らかの納得をしたのだろう、思いっきり横になって寝そべっていた。
気持ちよさそうに何度も寝返りを打ち、伸びをし、体の半分だけソファの下に入れて自分の世界に浸っていた。


12月1日 新しい首輪

首輪を変えた。
今までのはゴムで伸びるヤツだったのだが、キャリーバッグに付いている脱走防止用のとめ具に首輪を繋ぐたびにゴムがヘロヘロになっていく。
それはまるで病院にいった回数と比例するかのように。
(それだけ中で暴れているということだ。)

そこで、散歩がてら自転車で帝塚山のペットショップに首輪を買いにいってきた。
大阪の帝塚山は東京で言うと田園調布とか成城とか松涛といった高級住宅地だ。
さすがに高級感あふれる店内。ディスプレイも気品が漂う・・。
でも、あまりに入りづらい雰囲気だったので思わず通り過ぎてしまった。

うちの近くにも別のこ洒落たペットショップが新しく出来ていたのを思い出し、気を取り直してそっちの店へ。

狭いながらも、まずまずの品揃え。でもやはり犬商品中心。
ネコ用もあるにはあるがデザインが今ひとつ。どれもこれも似たり寄ったりだ。

犬用に目を移すとバリエーション豊かで、選び甲斐がある。
この際チワワ用でもいいか、と おフランス製のベージュの首輪を購入。

鈴がなかったので後付で無理やり付けたが「プーチンは何でも似合うね〜」と話しかけたのだった。
・・・・親バカですな(笑)。

2002年 | 11月 | 12月 |
2003年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
2004年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2005年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 |
Copyright (C) 2005 putin-tsurezure All Rights Reserved.