プーチンつれづれ日記館

* プーチンつれづれ日記 2004年2月 *
2002年 | 11月 | 12月 |
2003年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
2004年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2005年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 |
オリタ ナオエ
2月27日 あそび疲れて...

ZZZZZ..... 
2月26日 羽のおもちゃ遊び

このおもちゃは本当によく釣れる。
ただ、ゴムひもが絡まりやすいのが難点だが、控えめに付けられた鈴といい、プーチンのハートをがっちり掴んだようだ。

おかげで羽はどんどんなくなっていき、この画像を撮った10分後には羽一枚になってしまった。
2月24日 夜のおやつ

テツヤがお風呂から上がるのを待ちわびている。
だが、テツヤは風呂好きであるため、長いのだ。
(たまに寝ていたこともある)

それでも粘って待つプーチンは、ちょっとえらいと思う。
プーチンにしてみれば単に欲望を満たすだけなのだが、その執念がすごいのだ。
途中しびれを切らせて、冷蔵庫前をウロウロ・ニャーニャーすることもあるのだが、結構な時間が経過しても執念にブレはない。

「ちょっとでいいから、カリカリくださいな」
「さっき食べたんですが、コバラが空きましてね」
という凄まじいまでの主張があるから。
全く、こちらが根負けしてしまうのだ。
2月21日 今日のあそび?

キッチンで物音がすると、すかさずやってくるのでたまには宙を舞わせてあげた、らしい。
2月19日 今日のあそびは

とかげ。
2月17日 今日のあそびは

かくれんぼ。
ちょっと隠れてみたらすぐノッてきた。
2月15日 ペースの狂ったネコ撮影 -その2-

(つづき)
ギャラリーに囲まれ、わたしは固まった。
あれこれと聞かれても説明が面倒だし、一眼で撮るのも精一杯。

最近は、少しは考えながら撮るように心がけているので(これでも)、いろいろ話しかけられるこの状況では集中できない。そして何より怖かった(笑)。

ちょうどフィルムがタイミングよく終わったので、自転車にフィルムの替えを取りに行きつつ、退散しよう、と決める。
そしてネコを探すフリをして、さりげなくその場を後にしたのだった。
いやぁ〜、写真を撮るのもスリリング(笑)。

 ▲ねこの後にたくさんのギャラリーの影が...
2月15日 ペースの狂ったネコ撮影 -その1-

「こんな寒い日にネコたちはどうしているのかな」と思い、いつもの公園へカメラ持参で向かった。

さすが、たくましい。ちゃんと陽の当たる場所にいた。
ここではネコおばさんが世話をしているので、食べるものには不自由していない。
だからなのか、人見知りしないネコが多いのだ。

撮影していると、公園の常連さんらしき人が私やネコに話しかける。
おっさん:「ねえちゃん、猫とってるんかいな」
わたくし:「ええ、まぁ・・」(↑酒臭くてちょっと怖い・・)
おっさん:「コラ、ポーズとらんかい。あっちやで」
わたくし:(困惑)
おっさん:「この子は ようなついてるんやで、ほれ、ポーズしてみい」とネコに。
早くどこかに行ってくれ〜(笑)と思っていると、今度はこの常連さんの知り合いが。
おばはん:「みーちゃん、こっちこっち」

うわぁ〜こんなんじゃ撮れないよ・・と思っていると、さらに通りすがりのおっさんまで立ち止まる。少し離れて、わたしがネコを撮っている様子を眺めている。
そう、気がつくとギャラリーが出来ていたのだった。
わたしはこの場から立ち去るタイミングをつかめないでいた。
(つづく)
2月14日 謎のかかとハゲ

いつものようにグルーミングのしすぎで出来たハゲではなく結構前から気になっていた、かかとハゲ。

よく見ると、タコのようなマメのような感じで硬くなっている。
しかも両脚。脚の手術をしたからその影響なのかはわからないが、どのネコにもあるのだろうか・・・。
2月13日 1日2回で絶好腸

プーチン、朝のトイレタイム。
「ザザッ!ザザッ!!」念入りに砂を掘っているときは<大>のとき。

「あ〜すっきり〜」とばかりに走って向かう先はキッチン。カリカリの催促だ。
食べたら出す、というより 出したら食べる(笑)主義のようだ。
朝、昼、3時の食事を済ませ、夕方また「ザザッ!ザザッ!!」が聞こえてくる。

そうなのだ。
今までは朝だけ<大>だったのが、ここのところ朝・夕<大>をするのだ。
絶好腸のようだ。


2月11日 キャットタワー 〜その後〜

いまやプーチンのなごみ場となったキャットタワー。
そこでのツメの研ぎっぷりはすさまじい。
「バリバリバリバリ〜。」
タワーが揺れるのだ。

一日に何度も研ぐため、ツメを切っても切ってもすぐに尖ってしまう。
ツメを切るチャンスは限られているので、それを逃すまいと、爪切りは常に手の届くところに置くようにしている。

プーチンはすぐイヤイヤをするので、結構大変なのだ。
ネコに、いつでもどこでも眠くなるツボがあればいいのに・・と思う今日この頃だ。
2月9日 今日もトイレの前で

気が済むまでそこにいる。
2月7日 よく見かけるアレ

外に出てネコを撮ることが多くなったせいかペットボトルの<ネコよけ>も目に付くようになった。
あれ、夏には熱を帯びて危ないらしいというのを耳にしたこともあるが、ああもたくさん庭や玄関先にペットボトルが置いてあるのを見ると、外ネコについても考えることも・・。

「ここでおしっこをさせないでください。臭くて困ります」の看板が一軒家の寄せ植え鉢に刺さってあった。当然ながらペットボトルも盛りだくさんのディスプレイ。
まぁ、丹精込めて育てた花におしっこされたんじゃね〜、と同情。
その横では首輪をしたネコが、日向ぼっこしていた。
明らかに、隣の家のネコのようだ。

こうなると近所付き合いにまで、問題は発展しそうな予感・・。
最近のペットボトルディスプレイは、ネコよけのためだけでなく散歩させるイヌおよび飼い主にも向けられている。
電信柱にグルッと取り囲むように置かれたそれは、もうイヌがターゲットだ。(ネコはそんな人通りの多い場所ではおしっこしない)

庭先のペットボトルは、もはや意思表明の道具なのだ。
「見かけの悪さや、効果なんかどうでもいい、とにかく禁止〜!」といった決意を感じてならない。
ネコもイヌも住みづらい世の中になったもんだ。
2月5日 待つネコ

トイレに入ると、どこからともなく急いでやってきてドアの前で待たれる。
中でごそごそ音がするのが気になるのだろうか(笑)。
こちらとしては、なんだかせかされているようで、落ち着かない。

ジャーと流す音がするとさらに身をかがめ、戦闘態勢に入る。
そしてドアを開けると、扉を閉めるときにできる<影>を追いかける。
プーチンにはこの影を捕まえたいようなのだ。
一瞬の捕獲チャンスを、今か今かと扉の前で待っているのだ。
待つネコ
カチャッ
中から見たところ
追う!追う!
まだまだ...
2月2日 押し入れ潜入

一瞬のスキをつかれてしまった。ふすまをほんの少し開けただけなのに。
探検しないと気がすまないようなのでしばらく放っておく。

そういえば実家のネコも押入れが好きだ。
でも上手に入りすぎて、気づかれずに閉められることも・・。
にゃ〜んと鳴けばいいのに、救助をひたすらジッと待っているらしい。
しばらくして「いない!いない!」と大騒ぎになるそうだ。

ではそろそろ、ふすまを閉めようかな。
あら?プーチンはどこへ?

2月1日 節分

節分に備え、マメとお面を準備。
夫テツヤが鬼のお面をかぶってプーチンと顔をあわせたら、しっぽが3倍くらいの大きさに膨らんだ。
おびえているのだ、お面に。
怖いのか、鬼が(笑)。
それとも夫テツヤが怖いのか。

しっぽがケバケバボワボワになった瞬間を激写したかったので、プーチンには悪いが、ワン モア チャレンジした。
だがしかし。結果はご覧のとおり、仲良く顔を見合わせるにとどまった。

  
2002年 | 11月 | 12月 |
2003年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
2004年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2005年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 |
Copyright (C) 2005 putin-tsurezure All Rights Reserved.