プーチンつれづれ日記館

* プーチンつれづれ日記 2005年1月 *
2002年 | 11月 | 12月 |
2003年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
2004年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2005年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 |
オリタ ナオエ
1月29日 足裏ケアジェル

にくきゅうがカサついてきたので、以前ドギーマンさんからいただいた足裏ケアジェルを塗ろうと思った。

ぷるんとしたみずみずしいジェル。
プーチンの前脚につけたら前脚をあげたまま、固まってしまった。
1月25日 動くねずみ

いただきものの動くねずみ。
平らなところで一度ひいて離すと、そろそろ走る。

でも ちょっとでも障害があるとあっけなく止まってしまい、そのたびにねずみを救出しなければならない。
結構手がかかるねずみだ。

動かす→救出→動かす→救出を繰り返しているうちに、プーチンが「ケッ」という顔をし、明らかに飽きてきている。
焦るオーナー。

それならば、とねずみを手に持ち人力で「ちゅーちゅー」と言いながら動かす。ぎこちない手の動きにも関わらず、プーチンは「おっ!!」という反応。
ようやくやる気になってくれたようだ。

人間が楽をしたうえで遊ばせるより、オーナーとの一体感が遊び心をそそったのかも・・なんていいように解釈しておく。
1月22日 Yさん宅へ(その1)

講座メンバー別館 Cat's ParadiseのYさんのおうちへお邪魔する。
はっちゃん似のレオくんがいるYさんちは、総勢7ひき。(そのうち写真を撮れたのは、5匹)

いや、にぎやかにぎやか。どの子もプーチンより大きくて性格がおとなしい。おびえられることはあっても、威嚇は皆無。この違いって・・。(笑)


 


1月20日 その名はプートン

「プートン」「ぷてぃん」「プチン」「プトン」。
プーチンの呼び名は、もはや「プーチン」ではない。

てくぺんのもずく母さんは「もずく」ちゃんのことを「もなむ〜る」とおフランス風に呼んでいるらしい(笑)
・・・むむむ・・うわてだ。
1月18日 カリカリ事件、その後

チキン味のカリカリが混入していたものをメーカーに送り、メーカーからは、新しいカリカリが届いた。

その後、お客様相談室から再び電話があり、「おそらくフードの機械をチキン味に切り替える際に、なんらかの原因でスタンダード味の中に混入してしまったようだ」「以後管理に万全を尽くします」と。

気になったのは、「他に同じような指摘がない」ようで、やはりワタシだけだったようだ。
クレーマーだと思われてたらイヤだな・・と心の中で思いつつ、安全性には問題がないようなので一安心。

でも、プーチンはそのカリカリを、ばくばく食べているし、同時に送られてきたサンプルのカリカリ(サーモン味)もお気に召した様子。
マグネシウム含有量が少ないので、当面はこのカリカリにする予定。
1月17日 カリカリ事件

年末に買っておいたフードをタッパに移そうと、新しくあけた。
いつもの●●●●●のスタンダードな味のやつだ。

「ん??」
米粒系のカタチだけのはずなのに、チキン味と同じカタチの穴の開いたフードがここに混じっている。

プーチンは、ハゲができて病院で「おやつにしていた缶詰フードが原因では」といわれて以降某メーカーのフードはすべて与えていない。
したがって ●●●●●のカリカリのみのお食事で、スタンダード味ばかりだとさすがに飽きてしまうのでチキン味と交互に与えているのだ。

混ざっているヤツは、まさしくチキン味の形状。
(このメーカーは味によってカリカリの形状が違っている)
・・・私の知らない間にミックス味が新発売に?!
・・スタンダードとチキンを交互に使う客のために要望にこたえてくれたとか?!

チキン味カリカリも結構な量が入っていたので(20粒に2個くらいの割合)
あれこれ考える。
メーカー(日本の販売代理店)のHPをチェック。
やっぱり1袋に1種類だって。
ってことは・・混入??並行輸入品などではなくmade in USAの正規品なのになぁと思いつつ「この商品、問題ないのか?衛生面とか管理とか・・」・と不安になる。
HPからロットNOや購入店などを記載し、問い合わせのメールをした。

2〜3日後。
メールが来て、電話がきた。対応、早ーい。
詳しく話を聞きたいということと、その商品を着払いで送ってくださいとのこと。
「他にもそういう連絡、ないですか」と聞くと、その報告はまだないとのこと。
あら。わたしだけかい。

ま、兎に角みてもらおうと早速送ることした。
代わりのフード、送っていただけるそうだ。
1月15日 えべっさん

「商売繁盛笹もってこい♪」という唄で関西ではおなじみの『えべっさん』に行ってきた。
笹に好きなアイテムを付けて(買って)、オリジナリティを出すらしい。
チャームの種類には米俵とか巾着袋とか、福を呼ぶようなものがたくさんあるが、そのへんは予算しだいだ。(笹は無料)

商売をやっていようが無かろうが、そんなのは関係なし。露店もたくさん出ていて、かなりにぎやかだった。

さて、待ち構えていたのはプーチン。
この笹はプーチンをかなりやる気にさせてしまった。

この先1年、どうやって管理すればいいのだろうかと途方にくれる。
いただいてすぐだったのだが、クローゼットにしまった・・。
1月10日 プーチンとうとうネコイエに!

押入れ好きは今に始まったことではないのだがプーチンが半分だけ上に載っている敷物に注目だ!

それは未だまったく使ってくれない「ネコイエ」についてきたフワフワのラグ。
見向きもしなかったラグの上に自らすすんで座るとは!(もう半分はプーチン用のタオルがしいてある。)

失意のオーナーのために徐々に慣れていこうとしてくれているのか?プーチンよ。

これですっかり気をよくしたオーナーは新たな手を打った。ネコイエをその場所に設置だ。少々強引だが仕方ない。

プーチン、悪いが買った以上は使ってもらうよ、トンネルの二の舞は避けたいからね。

そして待つこと10分・・。
・・・入っていた、入ったよ、入っているじゃないか!
夢にまで見ていた、プーチンとネコイエのイメージそのままだ。(本当はちょっと違う)

プーチン、似合うよ(涙)。
オーナーは、ジーンとしたのだった。
1月7日 マイブーム


オーナーと共にトイレに入りたがるプーチン。
でもドアを閉めると、急にソワソワと出たがる。
狭いところが落ち着くんじゃないのか?

1月5日 ネコイエその後

なかなか入ってくれないネコイエ。
待つのにも疲れ、ゆでささみ作戦決行。
細かくちぎったささみをハウスの中に。

ハウスの中=おいしいものがあるという定義を植えつけようと必死だ。
中においても、さっさと食べて「次!」と促される。
その繰り返しである。

では・・・とネコイエの耳あたりに乗せてみるもやっぱりさっさと食べて促される。
う〜〜〜〜〜む、次の手を考えねば。


 
1月3日 デカケバケバボール

てくぺん」のもずく母さまからいただいたデカケバケバボール。
見つめるプーチン。
2002年 | 11月 | 12月 |
2003年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
2004年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2005年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 |
Copyright (C) 2005 putin-tsurezure All Rights Reserved.