プーチンつれづれ日記館

* プーチンつれづれ日記 2003年8月 *
2002年 | 11月 | 12月 |
2003年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
2004年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2005年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 |
オリタ ナオエ
8月29日 羽のおもちゃ遊び

最近、羽のおもちゃがないことに気づき手ごろなものを買ってきた。

ハタキみたいに外側に羽が向いているそれは、袋から出した途端にプーチンの闘争本能を刺激したようだ。

横に振っても縦に振っても、わたしが飽きてその辺に置いておいても、プーチンは羽に向かい続ける。羽を引き抜くことに必死なようだ。

このままではおもちゃが壊れる。せめて1日くらいはおもちゃ人生を全うさせたい、と思い隠すことにした。

まだ遊びたい様子なので、今度はピンポン球をご用意。
廊下を転がる球を追いかける。自分で端から端まで転がしてまた戻ってくることも何度かあった。『もってこい』(注参照)ができたのではなく多分偶然。(笑)
プーチンと遊ぶのも こう暑いと汗だくだ。


注):『もってこい』 ... 遊んだ後、道具を飼い主のところまでもってくること。しつけの一種。
8月24日 用心ロック

すべりがよく、プーチンの力で簡単に開いてしまう網戸。
これを開けられないようにするためのものを探しにホームセンターへ。

防犯コーナーにあるものは、ほとんどが窓に取り付けるものだった。
そしてやっと見つかった。あったあった、網戸専用のロックが。

2つで520円。早速付けてみる。
おおっ、ワンタッチで窓もちゃんと閉まるし簡単に開閉できるし見た目も悪くはない。
なかなかのすぐれものではないか。

これで安心して窓全開をできる。
早速網戸すべてに取り付けた。もはやプーチンも手出しはできまい。

だがもう一つ心配事が。
押入れもすべりがよいのだ。
網戸と違い押入れはプーチンのツメで簡単にキズがつく。プーチンが開けようとすればするほどやわらかい木(柱)にキズがつく。閉めれば開けようとするので、プーチンが入ってもいいように開けたままに・・。

入ってもらいたくないのだが、対策が見つからず諦め気味だ。
今度は柱を守る何かを探さなければ。
 ▲用心ロック
8月22日 新しいねこ砂

理想のネコ砂に依然出会えず、試行錯誤の日々が続いている。
いろんな種類のものを試したが、どれも今ひとつ。
今回購入したのは中でも最悪だった。

“ナチュラルほにゃらら”というそれは、100%木材を使っておりチップ状で環境にやさしいらしい。お値段650円くらい。
これが見事に固まらない。パッケージに固まると書いてあったかどうか今となっては(捨ててしまったので)確認できないが、いくらなんでもあまりに捨てにくいのだ。

おしっこした後の砂を処理しようとするとこれがおがくずに変化している。
当然粒子は細かくさらさら。おしっこのかかっていないチップはそのままなのでそれらをすり抜け、底におがくずが大量にたまってしまい、スコップですくうにもさらさら落ちてしまうのだ。

ビニール袋に入れるまでにそ〜っとスコップを移動させ、袋の上でふるいのようにして粉を落とす。こーんな面倒な砂は初めてだ!
開発者はネコを飼ったことがないに違いない。

砂の処理に時間がかかるから、プーチンもその間に もよおすことが多い。
夫テツヤにコツを伝授してもらっている最中に、プーチンが〔大きいほう〕をし始めた。

カバーを外しているトイレ側面に沿って排出している..。
ま、まずい、〔大きいほう〕が床に〜!!
と思った瞬間 夫テツヤがナイスキャッチ。スコップにしっかり収まっていた。

8月20日 プーチン脱走

最近のプーチンはちょっとだけ頭を使うようになってきた。
網戸を開けるのだ。

冷夏といっても関東よりはるかに暑い日が多い大阪では連日30度オーバー。
窓という窓、すべて網戸でなければ耐えられない。
クーラーはもったいないし、ずっとかけていると頭痛がしてくるのであまり使いたくないというのもある。

その網戸を横に引いて開けたらしく、先日ベランダを何食わぬ様子でトコトコ歩いていた。わたしは腰が抜けそうになった。
外側から、つっかえ棒をしていた窓だったのでまさか外に出るなんて思ってもいなかった。
しばらく留守していた間に夫テツヤが片してしまったようなのだ。

そしてまた別の部屋の窓を開けようとしているのを目撃。
すだれに阻まれて、未遂で終わったが油断ならない状況が続いている。
これでは窓も開けられないではないか。
なにか阻止する手立てはあるのだろうか。
近々ホームセンターで阻止部品を調達する予定である。

8月17日 おやつ その2 「きびなごジャーキー」

ササミジャーキーの不足を補うために代替品として“きびなご”を買ってきた。
まあ、言ってみれば煮干だ。

でも、カチンカチンに堅い。それにちょっと大きめ。しかも犬・ネコ兼用、九州産。
天然ビタミン・ミネラル・カルシウム、そして青魚特有のDHA・EPAを豊富に含んだ自然食らしい。

プーチンはこれも好きな様子。
奥歯で懸命に噛み、さらに噛み、ごっくんと飲み込む。
この「ごっくん」、顎を突き出し、瞬間上を向くのだ。
「ふんがふふん」の頃のサザエさんみたいに。(笑)
やっとのことで プーチンののどの中に吸い込まれていくようでそばにいるとごっくんと聞こえてきそうなほどだ。

ガツガツしているので、わたしはプーチンがのどに詰まらせないかとハラハラしっぱなしなのだが、夫テツヤは「ごっくん」するのを見るたびに大笑いしていた。


8月14日 抜け毛の季節

とにかく抜ける抜ける。ちょっと触っただけで、ごっそり。
この時期、毛が抜け変わるのだ。

ラグマットにはプーチンの茶色の毛が付くし、ブラッシングしてもあっという間に毛の束ができる。
プーチンも1歳になって子ネコの毛からいっぱしの大人ネコの毛に生え変わっているのだろうか。

プーチンもマメにグルーミングするほうだが、今まで毛玉を吐いたことはなく毛玉ケアについてはあまり気にかけていなかった。
だが、ある日の朝「ヒックヒック」とただならぬ声がし、ほどなくして吐いたのだ。内容物は、草少々と水に毛玉。

早速、この日お風呂に入れた。プーチンはもう慣れた様子で、暴れることなく鳴くこともなくスムーズに終えた。ドライヤーで乾かしてあげたらプーチンは全身を隈なくグルーミングしていた。
その後、ブラッシングするとまた大量の毛が!あれほど洗ったのに!!排水溝にあれほど溜まってたのに!!!

どうやら、あまりシャンプーの効果はなかったようだ。
日々のたゆまぬ努力でブラッシングするしか、抜け毛を防ぐ方法はないのだろうか。もっと近道はないのだろうか。

8月10日 シャボン玉遊び

はじめてみるシャボン玉は、プーチンの興味をかなりそそったようだ。
ベランダで飛ばしていたら、プーチンが網戸をガシッと掴み興奮状態だったため、お風呂場に移動して再現。

「なんだこれは!」と一つ一つを追っていたが、追いきれず狙いを絞って飛び掛る。
パチンとはじけ、しぶきを浴びたプーチンが逃げる。(笑)

それでも興味はあるようで、果敢にチャレンジ。つぶしまくった挙句、ワタシが吹き疲れてしまった。
また今度元気のあるときにやってあげようと思う。
8月5日 近頃のプーチン

こうやって引出しも開けている。

 
8月2日 『ほんだし』の謎、解明


『ほんだし』がしまってある場所、それはキッチンの下から3番目の引き出しの中。

実は先日、目撃してしまった。
プーチンは引き出しをチョキのできないあの手で引き寄せていたのだ。
すべりのいい引き出しなので、開いたのだろう。

そしてほんだしをくわえて外に出したその後、つつ〜っと押して閉めていた(驚嘆)。
開けたら閉める・・・。
プーチン、なかなかやるじゃないか。でもほんだしはあげないよ。

わたしは一段上の下から4番目の引き出しにほんだしを移動した。
これでヤツが背伸びをしても届くまい。

その結果、プーチンはほんだし襲撃を諦めたようだ。
だが、今度はササミジャーキーの入っている冷蔵庫を開けようと日々格闘している。

2002年 | 11月 | 12月 |
2003年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
2004年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2005年 | 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 |
Copyright (C) 2005 putin-tsurezure All Rights Reserved.