ワーナー・ビショフ写真展

ワーナー・ビショフ写真展を観てきた。

マグナムの方だけど、”戦争”の写真ばかりではなく

西洋と日本文化の交錯する時代を切り取った作品群。

 

本人が実際使っていたものという、ローライやキヤノンのカメラも展示されていた。

(残念ながらライカはなし)

ファインダー上部が、バコっとへこんでいたり、程よいスレ感があったり、

かっこいいカメラたちだった。

都内にお住いの方はぜひ。4月19日まで 昭和館にて 入場無料(月曜休館)。

Comments are closed.

アーカイブ
モバイル
プーチンつれづれ日記2