みんなで行ってきた。

渋谷へ『東京猫語り』を見に、女子5名で行ってきた。

三者三様、それぞれの個性(カラー)が光っていた。

ほんと、写真は『個性』だなぁ。

ギャラリーが広いため、どういう風に場所を分割し、

三人全体としてのストーリーを、どう組み立てて見せていくのだろうかと

(『猫だまりvol.7』が終わったばかりなこともあり どうしても展示する側の目線でみてしまいますが:笑)

とても楽しみにしていた。

5F作品群は、展示方法もギャラリー仕様。

黒バックの壁に、1点1点の厳選された大きな作品が映える。

特に星野さんの展示作品は、どこを見てほしいか、という意図が明確だ。

わたしは”有刺鉄線越しの夕暮れバックに佇む猫”の作品が、強く印象に残った。

鉄線の張り具合と猫の位置、夕暮れ部分のバランスが絶妙で、さすが、としか言いようがないくらい。

 

さて 1つ下の階に下りると、

 

画像のような演出の写真群たちが。

(画像掲載にあたり、許可をいただいています)

一転してラフな風景。

あえて額装せず、無造作感を出した演出。

ポストカードの物販などもこの階だ。

連れて帰りたい猫さんがいっぱいいたので、

欲を言えば、展示作品のポスカがもっとたくさんあったら・・・(と贅沢なお願いか:笑)

 

良質な猫写真空間に大満足したのだった。

 

 

 

 

 

rimg0014170509

Comments are closed.

アーカイブ
モバイル
プーチンつれづれ日記2