マブタ押し

日が昇ると同時にプーチンは
パーマネントな私の頭を数回叩き
「こら~起きんかい!」と容赦なくいたぶる。

IMG_2745nikki.jpg

ちなみに、叩くとかいて「ハタく」と読む。(タタくより痛い感じ:笑)
朦朧とした状態でやられるので、上から何かが降ってくる夢を見たこともある。
この場合は 夢であって夢でないのか。

でも最近は、叩くのに飽きたようだ。

枕元に立った後 「マブタを肉球で抑えつける」攻撃に変わっている。
「ぴとっ」
という感触でなんとなく目が覚めるのだ。

一度や二度ではない、何度でも押す押す。
そして なくでもなく、不満げに唸る。 

ワタシのマブタは、それほど強靭ではないのだよ プーチン。

ツメを出さないのはプーチンの温情なのか?
おかげでツメを出される前に、いい加減起きる習慣がついた。
そしてキリギリのところで ちょっとだけ早起きになったのだった。

2 Responses to “マブタ押し”

  1. ゆちゃこ Says:

    マブタ押しか・・・
    ねぶられたら痛いっす。
    マブタをザリッとやられたらマジで痛いっす。
    育て方が悪かったのか、キス魔ならぬ舐め魔がおります。ここ最近、常に顔面ヒリヒリしております。

  2. オーナー Says:

    ゆちゃこさん
    舐め魔~~~~?!
    産毛のすべてそげ落とされそうですね・・・(笑)

アーカイブ
モバイル
プーチンつれづれ日記2