バンバンたたかれるオーナー

とある天気のいい日に

IMG_17240711nikki.jpg

チャーくん↑(後に名前が判明)がごろごろしていたので、

すぐ横で植木に水をやっていたおばあちゃんにチャーくんの撮影許可を頂くと、
おばちゃんは非常に協力してくれた。

撮りながら 聞かれた&話された内容要約。

・「ここでとったって」と撮影ポイントを指定:チャーくんをポイと置く
・「あの松を撮れ、いい松だから」:いい松らしい
・「カメラをさわらせろ(フィルムはどこだ)」:デジタルだと簡単に説明する
・「年金は払っているのか」:年金問題はどの世代でも重大だ
・「人間ほど汚い生き物はいない」:なにかあったらしい
・「玄関先の展示猫写真を見ろ」:ズラズラっと10数枚の猫写真があるがすべてピントが、、、
・「この写真は、ちょっといいと思わないか、自分でも自信あり」:昔カメラをやっていたらしいが。
・「アンタ若いのにしっかりしてるわ わっはっは」(とバンバンたたかれる):い、痛いよ

その後、ようやく開放されて 偶然ぽちさんたちに会うのだが
彼らをご案内するのに、またここに戻ってきてしまったのだった。

そして、またおばあちゃんと遭遇。
軽く会釈してスルー(笑)。
だって1時間はつかまるんだもん。

しかし、
ここは猫好きの別のおばちゃんがまだいたのだった。。。。

書き忘れたが、チャーくんはおばあちゃんちで食事をしているが
この家の猫ではなく、どうやら裏のおうちの猫らしい。おいおい。

2 Responses to “バンバンたたかれるオーナー”

  1. ごとー Says:

    オーナーもかなりからまれやすいみたいですなぁ(笑)
    でもそれって街猫写向きの体質やからすごくいいと思う!
    こうなったらもう家に上げてもらえるくらいの仲になって
    あの文化住宅の江戸炊事とやらを撮ってきて~。
    しかし、3時間は解放してもらえない覚悟で行かないと・・・

  2. オーナー Says:

    ごとー女史
    い、いいんですか?体質的に。
    いや、人見知りなんですけどね、だいぶ。

    江戸炊事ね、興味あります。猫3匹いるらしいですしね。
    でも黒猫さんらしく、あの暗さではストロボ持参しないとつら~~い。別の意味でもつら~~~い(笑)

アーカイブ
モバイル
プーチンつれづれ日記2