どうもパッとしない・3

かゆみ止めのステロイドが終わる前に、もう一度連れてきてください

と言われていたため、また病院へ。

毎日の薬が効いているのか、日に日に掻くこともなくなって

耳の中のかぶれらしき赤みも薄くなっている。

待合室で、この日が病院デビュー!だというアビシニアンに遭遇。

1歳半の男の子だそうだ。

普段からも、ものすごくフレンドリーらしく

待合室でもあちこち歩き回っていた。す、すごいなキミ。

ここにいる5歳の凶暴なアビシニアンは、

眉間にシワでうなり声を上げて待機中だというのに、だ。

(まぁ、まだ恐れをしらない若者なのか?とも思ったが

診察室に入ってからもドスの聞いた声がまったく聞こえなかった。)

「シャー」と威嚇しているプーチンを覗き込んだ飼い主の少年がおもむろに

デカい」って言った。

え?今なんて??デカいってか?なにが?態度が??

そのアビの男の子は見た目3キロくらいか、うちは4.5キロなので確かに重いかもしれない。もうオッサンだし。態度だって大きいさ。

それにしても

前回といい今回も、このへんの地区に住むアビはなんでみんなおとなしいのだろうか?

さてさてプーチンの経過は良好。

まだ薬は継続して飲んで、来週もう一度病院だ。

原因は食べ物もしくは消化器系から来るアレルギー症状とのこと。

といっても食事はずっと処方食で変わりはないし、

考えられるとしたら「なんか食べつけないものを食べてしまった」

という可能性が高いそうだ。

”これ”、というものの特定が出来ないのだが、

プーチンを病気にしてしまったことを深く反省するのだった。

3 Responses to “どうもパッとしない・3”

  1. **joy** Says:

    タイヘンだ~!はよようなってぇぇぇ。
    アビ全員が暴れん坊なわけじゃないですよね☆
    本人の性質っていうか・・・
    でも噛み付きプーチンじゃないと、プーチンらしくなくて不安じゃないですか・・・?

  2. ヒカル子 Says:

    ウチの福も何かを食べてお腹壊したばかりだから、、反省中なのです。
    (オーナーさーん!(T T*))
    猫が弱ると飼い主も弱っちゃいますもんね。
    プーチン様!早くいつもの暴れ王子に戻って下さいませませ!

    そして、アビの性格に興味シンシン。

  3. オーナー Says:

    **joy** さま
    病院でだけ『借りてきた猫』みたいになってほしいですわ~
    一瞬でいいから普通に治療を!!と願ってやみません
    まぁ 妄想でガマンしときますわ

    ヒカル子さん
    福ちゃんも大変でしたねぇ~
    そうなんですよ、そんなときは冷静に、冷静に、と思っても
    悪い方に考えてしまいますよねぇ
    人間も 猫もニッコリ 早めに病院
    一句詠めました

アーカイブ
モバイル
プーチンつれづれ日記2