行ってきましたレポ ~4色の猫編~

 

4色の猫を観に渋谷へ。

入ってすぐのつかみの部分は、住吉英昭さんの写真。

駐車場のアスファルトに囲まれた猫。しっとりしたグレーの世界の中に、ところどころの差し色が効いています。

こういう路上写真的な感じで続くのかな、、と思いきや、アップでドーン!な作品や、綺麗な青空のヌケのいい作品があったり

多面的な見せ方をされているのが印象的でした。ちなみに名刺はオラウータン(もしくはゴリラ?)写真でした。

次には、曽根原昇さんの作品。

どれもすごく良かったです。牛も人も猫も、撮る人もみんなが自然体。

その空気がきちんとこちらに伝わってきて、しばし見入ってしまいました。

中でも素敵だったのは、牛舎の中の柔らかい光の中に猫が居る作品。

こちらは残念ながらポスカは制作されてないとのこと。

ご本人様とちょっとお話させていただきましたが

ポスカにするには地味(メンバー内ではとても評判がいいそうですが)だそう。えー地味かなー(笑)、そんなことないですよ。

そしてこれを展示する・しないも迷われたそうです。えーー、なぜーーー!!

なので本にも載っていなくて、とても残念・・。

そして次には巣山悟さん。

丁寧に仕上げられたモノクロ作品たちは、『引き』の加減が心地よく、

猫が居ることとモノクロであることの必然性が感じられ、質感もとてもよかったです。

 ポートフォリオで商撮もありましたが、これがまた上手いんです。

スイーツの瑞々しさが、本気でわたしの食欲をそそりました。

締めは池口正和さん。

コントラスト高めの、緊張感のある作品が多かったように思います。

ポートフォリオにあった上京前の写真と比べて、撮り方が全然変わっていたので

そのあたりも興味深くて、直接お話が聞きたかったです。

 みなさんそれぞれ、きちんと自己表現されているので、

それぞれの世界観もわかりやすかったように思います。

 

さて、その後は新宿へ移動。

ペンタックスフォーラムで開催中の伊沢 正名『キノコの世界 ~森の循環~』を観てきました。

キノコってあんなに気高くて美しいんだ、と素直に思えました。

今度、キノコ見かけたらチャレンジしてみよう。

 

いろんな写真を観て感じるのは、写真ってそのままの個性なんだと。

いいところもそうでないところも、どうしようもなく全部さらけ出てしまう、とても怖いものだな、と。

だから、ひとつひとつを丁寧に積み上げて、常に内面も磨いておきたいな、とそう思うのでした。

 

 

そうそうそして、なんと会場で偶然とにゃままさんとお会い出来ました。

実際お会いするのは初めて!イメージ通り、小柄で可憐な素敵な方でした。

あ、でもお買いあげっぷりは男前でした(笑)。

 

IMG_336320100534gi

Comments are closed.

アーカイブ
モバイル
プーチンつれづれ日記2