ついていた年始

年末に見そびれた写真展に行った。

するとなんと、写真家が生解説する時間だった。

ラッキー。

IMG_8368_070105nikki2.jpg

楽しみにしていた展示とはまた別の同時開催の展示で、

何の予備知識もなく ふらっと立ち寄っただけなのに

いやぁ~ついていた。

勢いづいたわたしは、別の写真展へ移動。

ここはまたさっきと客層が全く違う。

若い女性ファンや子供連れが多く、写真を観るというより『その人のファン』な雰囲気。

しかし、同時に展示されている写真家もなかなかすごい方ばかりで

その中にすごく心に残る写真があったりしてとっても満足。

会場のざわめきさえ気にならなければ、とてもいいものだった。

Comments are closed.

アーカイブ
モバイル
プーチンつれづれ日記2